アボカドは肌の栄養になる?

アボカドは肌の栄養になる?

2021.2.9

ストレスや疲れなどの影響は、体の中でも特に目の周りの肌に現れやすくなるもの。でも、潤いで満たしてあげることで、肌に現れる悪影響を軽減することができます。

アボカドは美味しくて栄養価が高い食べ物です。。アボカドには、約20のビタミンとミネラルが含まれます。アボカド50g(中くらいのアボカドの1/3個*1)を食べることで、1日の推奨摂取量目安に対して、カリウムは6%、ビタミンCは4%、ビタミンEなら6%を摂ることができます。
でも、アボカドは食べるだけでなく塗ることで肌に潤いを与えることもできます。アボカドに含まれる自然由来の脂質は保湿に適しており、肌にもやさしく、直接使用することができます。アボカドの成分を使った化粧水をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、自分で保湿剤を作れば、よりお手軽にアボカドオイルを試すことができますよ。

アボカド イメージ

アボカド保湿クリームのレシピと使い方

アボカドの保湿クリームを作るのは簡単です。材料に必要なのはアボカドとお好みのオイルの2つだけです。

まず、熟した柔らかいアボカドの1/4を用意します。アボカドが十分に熟しているかがわからない場合は軽く押してみて、簡単にへこむぐらいの柔らかさならちょうどよい頃です。詳しくは、食べ頃のアボカドの選び方をご覧下さい。また、ワカモレやその他のおつまみなどを作る際にアボカドの4分の1を、保湿クリームを作るために取っておいても便利です。もし保湿剤を作るために新しいアボカドを使う場合も、残った果肉に少量のレモン汁を絞り、ラップで覆って冷蔵庫に入れれば保存ができます(詳しくは、アボカドの保存方法をご覧下さい)。

オイルはさまざまな種類を試して、好きなものを選んでください。スイートアーモンドオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルなどがおすすめです。 材料を準備したら、フォークを使ってアボカドを細かく潰し、オイルを数滴加えてよく混ぜるだけで保湿クリームは完成です。

アボカド保湿クリームの使い方ですが、目に入らないように注意しながら、指で顔周りの肌に塗ってください。その後、横になって10〜15分間リラックスし、肌に栄養を吸収させてから、ぬるま湯で洗い流します。このアボカド保湿クリームは、ほんの数分で肌をリフレッシュさせ、潤いを感じられるものにしてくれますよ。

ただし、初めて使う場合は、腕の目立たない場所などでパッチテストをしてください。アボカドアレルギーはそれほど多く起きるものではありませんが、美容習慣に加えたい場合は、医師か皮膚科に相談することをおすすめします。

*1 栄養表示や重さは米国を基準にしています。最新版の日本語訳を掲載しておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。


出所:
https://avocadosfrommexico.com/blog/beauty-care/make-your-own-avocado-moisturizing-cream/

その他のおすすめアボカドコラム