食べごろアボカドの
選び方

美味しい!
食べごろアボカドの選び方・見分け方

お店で買ってきたアボカド、固かったり、柔らかすぎたりで困ったことはありませんか?
でも、アボカドを指で押して固さを確認というのはご法度。お店のアボカドが傷んでしまいます(指で押すのは、買ってきて、調理したい時にしましょう)。そんな貴方に、メキシコ産アボカド公式サイトとして、アボカドの選び方の基本をお教えします。

アボカドの選び方は色や固さ・ヘタがコツ。固さの確認は、指先を使わずに、手のひらでそっと握って感触を確認したり、下にあるようにヘタなどを見て見分けましょう。この見分け方テクニックで、食べ頃のアボカドを選んでみて下さい。また、アボカドが固くて、すぐ食べられないというときも、早く熟成させて、食べ頃にする方法もあります。青いアボカドを買って、2-3日程度、家で追熟させて黒くして、丁度食べ頃にするのもお薦めのテクニックです。

  • アボカド食べごろの色味:グリーン

    “熟成が必要”

    常温で3〜7日置いてください。熟成を早めたいときはヘタを取り除き、箱に入れたままにするか、紙袋に入れておきましょう。

  • アボカド食べごろの色味:濃い緑の斑点があるグリーン

    “ほぼ成熟”

    アボカドは熟すと少し柔らかくなり、皮の色が黒っぽくなり始めます。2〜3日室温で保存しておきましょう。

  • アボカド食べごろの色味:ほぼ黒っぽい

    “完熟&食べごろ”

    熟したアボカドはやさしく押すと柔らかい感触がします。すぐに食べない場合は、完熟状態のまま冷蔵庫で3〜5日間保存可能です。

アボカドの選び方のpoint

成熟度の判断する時は、軽く親指で表皮を押してみてください。
表皮が柔らかい場合は、成熟のサインです!

アボカドの選び方のpoint

アボカドは熟すと次第に果肉から水分が失われ、ヘタが沈んでいきます。
その結果、ヘタと実の間に少し隙間ができます。
隙間が空いているのは『完熟食べごろ』のサインです!